赤ちゃんのほくろの対処法

ほくろ対策商品

あかちゃんに突然ほくろができた!?いつできたの?足の裏にほくろができた。大丈夫なの?そんな疑問について紹介しています。

ほくろ対策商品(楽天通販)はこちら

あかちゃんのほくろはいつできる?

赤ちゃんのほくろは生まれた時にはないのが一般的ですが、ほくろのある赤ちゃんもいます。 肌のきめが細かく皮膚の密度が凝縮しているから、小さくて目立たないだけなのかもしれません。 また、赤ちゃんの時のほくろは、大きくなるにつれ色が薄くなったりします。成長に伴い大きくなったりもします。 ほくろができる時期はまちまちです。 一般には3〜4か月ごろになると見つかることが増えるといわれています。 ただし生まれて2週間目に見るとできていたという例もあります。 また、お父さんやお母さんのほくろが多いと赤ちゃんのほくろも多くなる傾向があります。 一種の遺伝影響のようです。

赤ちゃんの足の裏にほくろができたら!?

足の裏のほくろには注意してください。 ほくろはメラニン細胞という色素細胞の集まりでできています。 ほとんどは「母斑細胞」(あざやホクロ)と呼ばれるもので、良性の腫瘍です。 特に摘出や除去の必要はなく害はありませんが、もっともありふれた皮膚の”病気”です。 ただし、足の裏にあるほくろは悪性黒色腫になりやすいです。 他には、足の裏、指、爪などがあげられます。 それは、足の裏などは常に刺激を受けやすく悪性黒色腫が発生しやすくなるのです。 ほくろが足の裏にできたら観察するする必要があります。

赤ちゃんのほくろの除去は必要?

足の裏にできたほくろには注意してください。 生まれたばかりの赤ちゃんには、生まれつきの黒あざなどはありますがほくろがないですがまれにいます。 紫外線をほくろは浴びることで増えていきます。わかりやすいのは3、4ヶ月後くらいからでしょう。 2、3歳頃になって気づくという場合もあります。 ほくろが赤ちゃんにあることに気付いた場合、ほくろの種類を判断する必要があります。それは、良性か悪性かの区別です。 ほくろを良性か悪性か区別する目安としては、ABCD基準と呼ばれるものがあり、肉眼的にAsymmetry(非対称性)、 Boundary(境界が不明瞭)、Color(色調の濃淡があり)、Diameter(直径が7ミリ以上)を使用しますが、 赤ちゃんの場合は、ほくろの色が黒くなる、表面にでこぼこができる、大きくなるスピードが早いかもと思ったら注意です。 ほくろの除去が必要かどうかは判断によります。専門医の診断を受けるとよいでしょう。専門としては皮膚科になります。 赤ちゃんのは特に歩き始めるとものすごく足に負担がかかります。それが足のほくろを刺激する可能性もあります。 早めにほくろの除去の仕方や値段などを知った上で医師の判断をうける方がいいでしょう。 この情報がお役にたてば幸いです。