もぐさでほくろを取る方法紹介

ほくろ対策商品

もぐさでほくろは取れるのか?気になるほくろをレーザーなどで取る方法があるけど、本当にもぐさでとれるの? 病院に行く前に情報を紹介しています。

ほくろ対策商品(楽天通販)はこちら

もぐさでほくろが取れるのか?

もぐさでほくろが取れる事例はあり、口コミでも評判になっています。 ただし、ほくろ取りのもぐさの効果は取りたいほくろの根の深さに関係があります。 根の深いほくろの場合にはとれにくいこともあり、その場合は表面だけがとれて根が残るようです 使用するもぐさは、ツボ刺激用の市販のもぐさではなくほくろ除去用のものです。 価格面でみると病院なら1ミリ1万するところがほくろ10個分以上で1万円以下の場合がありリーズナブルです。 もぐさは、ヨモギの葉から作られるもので、もぐさを肌の上におき燃やして 温熱効果にて疾病治療に役立てるものと使われてきました。 もぐさのほくろ取りの利用の背景はさておき、とてもきれいにとれると評判です。

ほくろをもぐさで取るメリット・デメリット

さて、ほくろをもぐさでとる際に病院でレーザーなどで除去する場合よりは格安ですが、失敗などはおこらないのでしょうか。 メリットは、1.自宅でできる。2.安い。特に学生さんは病院で除去する際には親の許可が必要なので、一つ当たり約1300円程度で自宅でできるのはメリットでしょう。 デメリットは、1.ほくろがとれるか保証できない。2.火傷する危険がある。病院で除去する場合には確実性がありますが、もぐさにはそれがありません。 失敗としては、変化が起こらなかったという場合とやけどをしてしまうことでしょうか。 ただし、ほくろを取り除くクリームとか病院で除去よりは格安で簡単にできるので試してみる価値はあります。

もぐさでほくろ除去の仕方について

もぐさの除去の仕方ですが、 1.もぐさをほくろにのせ、線香で火をつける。2.これを一日1回2〜3日お灸を据える。 (大きなほくろの場合には、中央に火を3個追加します。) これを繰り返します。 お灸を据えた皮膚の周辺が赤くなったり、火傷をする場合があります。 その時はもぐさを小さくしたりして使用することをおすすめします。 もぐさでやけどをする場合があるので、使用は十分に注意して行ってください。 ちなみに、もぐさが効くほくろは、全体的に色が濃くて輪郭のはっきりしている平坦なほくろです。 この場合はほぼ必ず取れるようです。 逆に色が薄く輪郭がはっきりしないものや盛り上がっているものに関しては、 効果を保証できないため、試してみるほかないということです。 もぐさを据えたほくろは、1週間程度で自然に剥がれ落ちるようです。 傷も残らず、半年程度で自然な肌の色に戻るそうです。 もぐさで取れないようならば、レーザー治療や手術で切除をおすすめします。