ホタルイカ

ホタルイカの刺身はこちら

ホタルイカは、カロリーが少なく栄養価が高い食材です。旬の時期も限られており、とても人気です。 ただし、調理法や料理をする際の作り方に気をつけないといけない食材でもあります。おいしく頂くためにも調理法はしっかり覚えるとよいですね。

ホタルイカの刺身(楽天通販)はこちら


ほたるいかのレシピ

ほたるいかは刺身にしてもボイルしてもおいしく頂けます。 ★菜の花とホタルイカのスパゲッティ
春野菜と旬のホタルイカがおいしくいただけます。絶妙な味です。
調理時間:10分
●材料:ホタルイカ(ボイルしたもの):20匹/菜の花(またはアスパラ菜):1/2束/トマト:半分/スパゲティー:80g/にんにく:0.5かけ/赤唐辛子:1本/オリーブオイル:おおさじ2杯/塩:30g/水:1リットル
※材料・分量は、一人分です。
●作り方:
1.トマトと菜の花を切り、にんにくをスライス状に切る。
2.にんにくスライス、赤唐辛子、オリーブオイルを一緒に入れ、火にかけてサッと炒める。
3.鍋に水に塩を入れ、沸騰したらスパゲッティを入れ約10分間茹でる。
4.フライパンにホタルイカを入れ、軽く火を入れる程度に炒める。にんにくが香り立つ程度で火を止める。
5.スパゲッティの鍋に菜の花(もしくはアスパラ菜)を茹で始めて5分くらいで入れる。味の調節の為、鍋から茹で汁を少しフライパンに入れる。
6.茹で上がったスパゲッティを入れ、絡める程度に火を入れる。具材とスパゲッティが適度に絡まったら皿に盛り付けて出来上がり。

ホタルイカ調理

ホタルイカの内臓には寄生虫がいることがあります。正しく調理して安全に美味しく食べましょう。
■調理に関しての注意点
1.ゆでる
-沸騰した水に60度以上で30秒以上処理すれば安全です。
2.冷凍する
-マイナス30℃で4日間以上もしくは、-40℃で40分以上凍結処理されていれば、生で食べても安全です。
3.取り除く
-寄生虫は、内臓(胃、腸)にしかいないので、完全に内臓を取り除くけば感染の危険性は防げます。
刺身などの場合は、事前に凍結処理して召し上がってください。
※踊り食いや内臓付きの刺身は避けて下さい。旋尾線虫幼虫(寄生虫)の影響で腸閉塞になる危険性があります。 条例になっている程なので、家庭での調理は気をつけてください。