衣類の寄付情報

スポンサードリンク

衣類の寄付を求めているところはたくさんあります。 状況によってや国によっては衣服よりも金銭の方が喜ばれますが、 できるところから始めればいいと思います。 不要になったものが人の役に立つと気持ちいいですよね。

寄付に関する商品(楽天通販)などはこちら

衣類の寄付

衣類を寄付できることを知っていますか? 海外でいうと戦争や自然災害の被害者に向けて寄付されていたり恵まれない国の人たちに送ることができます。 また、日本国内でいうとホームレスの方や日雇い労働者の方に送ることができます。 使わなくなった衣類が人の役に立つのはすばらしいことだと思います。

どんな衣服を寄付すればいいのか?

衣服は、着なくなった不用品を送ることになるのですが、不用品の古着は、 あくまで着なくなって不要になった服であることが前提です。 破れていたり、ほつれていたり、ボタンがなかったりというものは迷惑になるのでNGです。 もちろんクリーニングしたあとのものである必要があります。 古着であってももらった相手が受け取ってうれしいものを寄付する必要があります。 古着の中でも喜ばれるのが、肌着であるTシャツです。 Tシャツは夏も冬も着れるので使い勝手がよくて洗うのも便利です。 国によっては夏服しかだめというところもあるので確認は必要です。

古着の寄付の受付先や施設

古着の寄付の受付先と送付の募集先の国は以下のようになっています。

■カシシ子どもの家 -ザンビア
■サクラプロジェクト -タイ
■DEFC -ラオス
■21世紀協会 -フィリピン
■日本ファイバーリサイクル -パキスタン
■日本救援衣料センター -世界各国

古着の寄付の受付先や施設は以下のようになっています。

■H&M(慈善団体) -戦争や自然災害などで困っている国
-UNHCR,オックスファム,カリタス赤十字,人間の大地などの協力団体と協定を結んでいます。
■日本救援衣料センター -世界各国
■カシシ子どもの家 -ザンビア
■サクラプロジェクト -タイ
■DEFC -ラオス
■21世紀協会 -フィリピン
■日本ファイバーリサイクル -パキスタン
国内・国外でも送料がかかります。また、海外へ送付する場合には送料が別途必要になってきます。 笑顔が増えることはすばらしいことですよね。 古着を寄付するのはNGOやNPOのボランティア団体ですので営利目的ではないため、 資金面で苦しいこともあるようです。古着の寄付とともに金銭的な寄付もされるとさらに喜ばれると思います。 もし、寄付する先の状況をみて金銭面でも支援をしたいと思ったら行動に移されるとよいかもしれません。