教育訓練給付制度について

スポンサードリンク

教育訓練給付制度は、資格取得や英会話を受けようと考えている方にとても重要な内容です。 授業料の一部が返還されますので、無駄な出費を抑えることができます。受講前に一度目を通されるとよいかと思います。

教育訓練給付制度が利用可能な教材(楽天通販)はこちら

教育訓練給付制度とは

教育訓練給付制度とは、働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ること を目的とする雇用保険の給付制度のことです。
簡単にいうと、一定期間雇用保険を支払った人に対しては教育費の一部を国(厚生労働省)が負担しますよという制度のことです。
国(厚生労働省)に雇用保険として金額を収めているので一部を自分が勉強するための授業料分のお金を返してもらうというような感覚です。 英会話スクールとかの講座を受けたりした授業料の一部がもどってきます。 制度を受けられる人の条件は以下のようになっています。
平成19年10月1日以降に指定講座の受講を開始された方(以前はもっと給付金があったのですが、改定の影響で支給額がかわりました。)
支給要件期間3年以上(ただし、初回に限り、支給要件期間が1年以上でも受給可能)
給付率20%(上限10万円)
※支給要件期間とは、簡単にいうと雇用保険の加入期間のことです。たとえば、サラリーマンの場合は雇用保険は絶対加入なので在職期間とほぼイコールです。

教育訓練給付制度の給付対象者とは

教育訓練給付金の支給対象者(受給資格者)は、労働大臣指定の教育訓練を修了した人(教育訓練を終えないとだめです)下記の該当者です。
1.雇用保険の一般被保険者
(受講開始日に雇用保険に加入して3年以上)
2.雇用保険の一般被保険者であった人(一般被保険者資格をなくした日(離職日の翌日)から 受講開始日までの期間が1年以内で、雇用保険の支給要件期間が3年以上の人。
離職している人場合は、すこし条件きつくなっています。 受講開始日は、通学制の場合:教育訓練の所定の開講日。通信制の場合:教材等の発送日のことです。 証明には、教育訓練施設長の証明書が必要になります。教育訓練が終了後もらえます(申告)

支給申請手続について

支給申請手続
教育訓練を受講した本人が管轄のハローワーク(職業安定所)へ提出します。
提出書類
提出する書類は5種類あります。
1.教育訓練給付金支給申請書
教育訓練施設が用紙をもらえます。
2.教育訓練修了証明書
教育訓練施設長が修了認定基準に基づいて受講者の教育訓練修了を認定した場合に発行します。
3.領収書
教育訓練施設長が、受講者本人が支払った授業料(教育訓練費)の額に基づいて発行します。 クレジットカード場合は、クレジット契約証明書が発行されます。
4.本人、住所確認証明書類
運転免許証、国民健康保険被保険者証、雇用保険受給資格者証、住民票の写し、印鑑証明書のいずれか。コピー不可。
5.雇用保険被保険者証 雇用保険受給資格証でも可