日経225 入れ替え

日経225商品はこちら

「日経225」とは、日経平均株価のことです。東京証券取引所第一部上場銘柄株式を対象とした株価指数のことです。 東証株価指数 (TOPIX)と並んで日本で有名な言葉です。日経225の225という数字は、 東京証券取引所第一部上場銘柄の中でも市場を代表する銘柄の数を指しています。 日経225の入れ替えについての情報で、投資効率を上げるのに役立てて下さい。

日経225関連商品(楽天通販)はこちら


日経225入れ替えとは

日経225(日経平均株価)の入れ替えとは、日本の産業構造の変化を的確に反映されるためです。
つまり、簡単に言うと日本の株式会社(産業)の中でどこが今人気でどこが人気でないかの人気投票を毎回行っています。 人気があるとは、株の売り買いが盛んにおこなわれているかでみます。つまり、株の売り買いが盛んな企業はそれだけ 注目されていて業績もよいので皆が注目する。業績が良いと日本の産業の根幹を担う可能性があるためその銘柄は無視できなくなります。 (正確には、売買はスキャンダル等の内容でも動くため、人気とは業績と売り買いの注目度とします)

日経225入れ替えの基準

日経225の入れ替え方についてですが、方法は2つで行われます。
1.定期的な見直し
2.不定期な見直し(突発的な理由によるもの)

1.定期的な見直しの理由:
-原則毎年10月1日に実施されています。その日が休みの場合は、次の市場が動く日に行われます。 原則1年に1回入れ替えが行われているのは、1年を通して日本の産業構造が変化するため正確性反映を行わせるためです。 日経平均株価は投資家のみならず、世界の中央銀行や政府関係者も注目しているものなので厳密に行われます。
2.不定期な見直し(臨時の入れ替え)の理由:
-日経225の銘柄(株式)が、企業合併・吸収、経営破たん、持ち株会社化などの理由で上場廃止、整理ポストに入った際に行われます。 225銘柄なくてはならないので数が減るのを防ぐという意味合いです。

日経225の入れ替えは厳密に行われていて、3つの基準を重要視しています。
1.市場での流動性が高いこと
-人気がある企業であると売買が盛んにおこなわれる。
2.セクター間のバランスを考慮すること
-セクターとは、簡単にいうと業界の意味合いです。6つのセクターに分かれているのですが、金融なら銀行、証券、保険などの業界を指します。
3.臨時の入れ替えでは、企業の実態を考慮すること -流動性が高くても企業の基盤(資本力の強さなど)がしっかりしているかどうかをみるということです。

日経225の入れ替えの基準の注目ポイントと活かし方

日経225(日経平均株価)の入れ替え時の注目ポイントは、銘柄(株式)の株価に変動が起こる点です。 日経225の入れ替え時に加わった銘柄は、その価値が一気に上昇するため買われます。 除外された銘柄は、価値が下がり売られます。 このように入れ替えが行われると、株価の変動が起こるため、投資家注目を浴びるのです。 これにより、いかに情報を集めて売買を行うかが入れ替え時のポイントと活かし方になります。