皮膚に関する情報

アレルギー対策商品はこちら

日光アレルギー(日光過敏症、光線過敏症)の情報を紹介しています。 ページ内の情報である症状や対処法についてはご理解いただけると思います。 お役に立てると幸いです。

アレルギー対策商品(楽天通販)はこちら


日光アレルギー(日光過敏症、光線過敏症)とはなにか

普通量の日光をあててで結構な皮膚何かしらの症状が出る場合を言います。 皮膚の症状は赤くなる、腫れて浮き上がる。発疹(丘疹、じんま疹、水泡など多彩)がでるなどです。 この症状は、日光性皮膚炎とも言われています。

日光アレルギー(日光過敏症、光線過敏症)の原因

原因を捉えるのは実は難しいもので、直接の原因は日光に当たることですが、 症状のベースにアレルギー性疾患がない場合にも発生しており、原因不明のことも少なくないです。 今のところ、原因として考えられているのは、1.代謝異常/2.先天性/3.ビタミンやミネラルの不足/4.特殊な食事/5.化粧品/6.薬物の摂取 など様々です。 私の場合は、鼻炎アレルギーがあるのですが、他にはアレルギーはなく特に食事も偏っていません。薬もつかっていません。 しかし、中学生までは大丈夫でしたが、高校生くらいから発病しました。高校の高所で合宿を行いハーフパンツで練習していたところ 夜に真っ赤にはれあがり冷却スプレーを一本使っても対処できませんでした。 ただある年齢になってから急に日光過敏症が出た人は沢山います。これは、太陽が当たったところのみに発生するので日に当たらなければ 問題は起こりません。

日光過敏症を検査する

日光アレルギーは病院で検査することができます。検査の方法は、光照射試験というもので、 まず、皮膚に光照射を行い通常では紅斑(こうはん:炎症性の充血によって皮膚にできる、淡紅色の発疹(ほっしん)のこと) を生じない程度の光量や波長で紅斑の出現を調べます。 もう一つは、実際にできた皮疹と同じ皮疹が発生するかを調べます。 ここで、日光過敏症だとわかった場合には、タイプ別に皮疹の形状やその他様々の検査により診断されます。 光線過敏症と分かれば、なるべく日光に肌をさらさないなどの防御方法が講じられますので、 光線過敏症という疑いがあれば、早めに皮膚科で検査してもらい、治療や日常生活の注意事項などを指導してもらうべきでしょう。

日光アレルギー(日光過敏症、光線過敏症)の対処法

まずは、原因を特定するために皮膚科へ行かれることをお勧めします。 そして、自分のタイプがわかり日光過敏症と診断された場合には、とにかく皮膚を露出する時間を減らすか皮膚に日光があたる 個所を減らしてください。今のところの対処法としてはそれが主になります。 私も夏に外にでると真っ赤にはれあがります。日焼け止めを塗ればある程度は軽減できます。ステロイド剤も有用ですが、 できる限り薬に頼らない方がいいです。副作用もさることながら、合併症の可能性もでてきます。 この情報が何かしらの役に立てば幸いです。