ラバーブーツ

ラバーブーツ商品はこちら

ラバーブーツは最近のはやりです。雨の日に関わらず晴れの日でも履いている人がたくさんいます。 セレブの間で人気で履かれていたことが火をつけたようで今年もさらなる人気がでるみたいです。

ラバーブーツ商品(楽天通販)はこちら


ラバーブーツってなに?

ラバーブーツは、ラバー(ゴム)で出来たブーツで長靴のことです。 ラバーブーツは、ラバークロスを使ったものや、ラバーソールのものなども指します。ラバーブーツは防水性が優れています。 ※ラバークロスとは、綿・毛織物・合成繊維など布地の表面または裏面にゴムを塗って防水性をもたせた布地でゴム布。
※ラバーソールとは、ゴムでつくられた靴底の総称です。
正確には、レインブーツ=長靴ですが、防水性に優れている点でいうと長靴としてとらえられます。 雨の日におしゃれができないと悩んでいる方にうってつけなのがラバーブーツです。 レインブーツとしても最適なブーツなんです。 最近では、雨の日以外でもラバーブーツを履いている人を見かけます。 海外有名ブランド御用達の超セレブ達も、ラバーブーツが人気のようです。 ラバーブーツで有名なのは、AIGLE(エーグル)です。フランスにあるAIGLE(エーグル)はラバーブーツの生産からスタートしたブランドです。 ラバーブーツメーカーではHUNTER(ハンター)も有名です。HUNTER(ハンター)はスコットランドにある英国王室ご用達のブーツメーカーとして有名です。 他にもmarc jacobs(マーク ジェイコブス)、emilio pucci(エミリオプッチ)、ダフナ(Dafna)、melissa(メリッサ)、GUCCI(グッチ)、BARBARIAN CHIEFTAIN(バーバリアン チーフテン)、 hiromichi nakano(ヒロミチナカノ)、フランスのUMO(ウモ)、Coleman(コールマン)などがおしゃれなラバーブーツを発売しています。 晴れの日も履けるラバーブーツは本当におすすめです。

ラバーブーツの特徴

ラバーブーツは、スニーカーのように製造メーカーによって足のフィット感が違います。 HUNTER(ハンター)ラバーブーツであれば、自然のゴムの木から取れる樹液(ラテックス)から作られる、 ナチュラルラテックスラバー(天然ゴム製ブーツ)が有名です。 日本ではフィールドラバーブーツと呼ばれていて、イギリスではウェリントン公爵が履いたことから ウェリントンブーツ(WELLINGTON boots)と呼ばれています。 特徴としては、脚の形にフィットしたデザインで、足首の部分の締付けの感じが皮のブーツを履いているような感じです。 長靴とは全く違う履き心地ですばらしいです。 ダフナ・ラバーブーツでは、レザー製の乗馬ブーツをのような細身のシルエットが人気です。 ラバーブーツながらシンプルでスタイリッシュなデザインで、上品な着こなしにも適応できます。 デザインのスリム感は、雨の日に限らず晴れた日にも履きたいカジュアルなブーツです。 また見た目だけでなく、ダフナラバーブーツは履き心地の素材感にもこだわっています。

ラバーブーツ購入時のポイント

ラバーブーツ購入の際に気をつける点としては、サイズです。通販で購入される方が多いと思いますが、 足のサイズが自分に合っているかどうかがわかりにくく、サイズ選びに困ります。 また、メーカーによってサイズは異なります。 ダフナ(Dafna)のラバーブーツの場合には、ワンサイズ上を選んだ方が良いようです。 足のサイズだけでなく、高さや筒周りなどもチェックの上購入してください。 特に足のサイズはあっているけど、筒周りが細いブーツがあるので、夜になるとむくんでしまって きつくなってしまうということが起こります。 サイズに不安になる場合には、通販ショップに直接相談するとよいでしょう。 丁寧に対応してくれるショップはラバーブーツのおすすめの情報なども教えてくれます。 この情報がお役にたてば幸いです。