卵巣がん

がん対策はこちら

卵巣がんは、症状に気付きにくいガンとされています。 早期に発見することはもちろん、症状が確認された後も効果的な治療を行い転移をさけ再発を防止していきましょう。 このページでは卵巣がんの情報公開しています。お役に立てば幸いです。

がん対策商品(楽天通販)はこちら


卵巣がんの症状

卵巣がんは症状が出にくく気づいたタイミングでは、他に転移していて発覚したというケースは珍しくありません。 特に、初期の卵巣がんは腹膜の後ろに位置していて自覚症状がないため、発見できるケースは婦人科検診での偶然の発見や、 下腹部にしこりを感じたり圧迫感による違和感によるものです。 腫瘍がこぶし大になると、症状として、下腹部に固いしこりができ下腹部痛、生理不順、腰痛、お腹に水がたまる腹水が見られます。 他にも、膀胱が圧迫されている感じがして尿が近くなる。胸水で息切れがするなどがあります。 卵巣がんだけでなく他のがんにも言えることですが、初期のがんであれば治る確率が高まります。 早期発見・早期治療がとても重要になってきます。 その為にも体に違和感を感じた場合には早急に病院へいくことが必要です。

卵巣がんの治療

卵巣がんの治療の主な治療方法としては、三大治療と呼ばれる方法です。 1.手術による外科療法、
-基本的に切除が主です。卵巣や子宮を切除します。
2.抗がん剤による化学療法
-TJ療法(タキソールとカルボプラチンを点滴する方法)、DJ療法
3.放射線(X線)による放射線療法になります
-体外照射法、体内照射法
卵巣がんは抗がん剤が効きやすがんなので、TJ法を主に使い、放射線療法は行なわれなくなってきています。

卵巣がんの生存率

卵巣がんの生存率は、がんの発見時期と病院によって違ってきます。 病気の時期を大きく4つのに分けると、初期が約80%、二期が約60%、三期が約20%、四期が約10%(10年間の生存率の目安) 生存率は、がん単体以外にも他の病状にも関連しますので、一概に目安のデータのとおりになるわけではありません。 卵巣がんは再発の際には、再発卵巣癌の場合の生存は極めて難しいとされています。

卵巣のがんの再発

卵巣のがんは治療によりよくなったとしても再発する例が少なくなくありません。 また、再発の際の生存率は極めて厳しいものがありますので、厳重なフォローアップが必要になります。 治療終了後の定期検診はもちろん年に1回MRI検査や、念のために化学療法を行う場合もあります。 しかし、化学治療は効果的とされれているので今期強く病気と付き合っていく必要があります。