背中にきびのケア

背中にきび対策商品はこちら

背中にきびのケア・治療方法について載せています。治療なんて面倒でその場しのぎですぐに隠せればいいということであれば、 水着は無理ですが、ドレスであれば対処法があります。
顔・やけどあと対策
お役にたてば幸いです。

背中にきび対策商品(楽天通販)はこちら


背中のにきびの原因

にきびができる原因は毛穴汚れや皮脂腺のつまりによるものです。 背中にきびの原因は様々ですが、主なのは汗やシャンプーなど外的な原因によるものです。 その中でも、背中にきびの最も大きい原因はアクネ菌によるものです。 アクネ菌は顔などの皮膚の毛穴に潜んでいて、顔ににきびができる原因と言われています。 このアクネ菌は背中の毛穴にも住んでいます。つまり、皮脂がでるところに集中しているようなのです。 化学繊維でできている下着やブラジャーの締め付けすぎでも汗が溜まりやすくなり背中にきびを作る原因になります。 毎日体を洗う人がなるのは、髪の毛を洗った後に落としきれてないリンスの付着が原因だとされています。 お風呂から前に、背中を入念に流すようにしましょう。 これでだいぶ違います。

背中 にきびのケアの仕方

原因を捉えるのは実は難しいもので、直接の原因は日光に当たることですが、 症状のベースにアレルギー性疾患がない場合にも発生しており、原因不明のことも少なくないです。 今のところ、原因として考えられているのは、1.代謝異常/2.先天性/3.ビタミンやミネラルの不足/4.特殊な食事/5.化粧品/6.薬物の摂取 など様々です。 私の場合は、鼻炎アレルギーがあるのですが、他にはアレルギーはなく特に食事も偏っていません。薬もつかっていません。 しかし、中学生までは大丈夫でしたが、高校生くらいから発病しました。高校の高所で合宿を行いハーフパンツで練習していたところ 夜に真っ赤にはれあがり冷却スプレーを一本使っても対処できませんでした。 ただある年齢になってから急に日光過敏症が出た人は沢山います。これは、太陽が当たったところのみに発生するので日に当たらなければ 問題は起こりません。

日光過敏症を検査する

すでにできてしまったしつこい背中にきびの治療法ですが、ボディーローションを使ってもいいのですが、 あまり根本的な解決策にはなりません。 病院にいっても解決は難しいでしょう。ニキビ跡をなくすということであれば問題ないかと思います。 にきびのケアの仕方としては、背中を洗う際に使用する石鹸をオリーブオイル配合にしてみるとよいかと思います。 肌がガサガサになることがなく、ツルツルしっとりします。 ただし、お風呂から上がる前に入念に洗い流すこととタオルでよく拭いてください。 もしくは、ドライヤーの冷風で乾かすなどを行うとよいです。 うなじのにきびにも同様の効果がありますので試してみるとよいでしょう。 ピーリング石鹸もよいです。にきびの一番最初の原因である毛穴のつまり(老化角質)などを取り除いてくれます、

背中のにきび跡の治療法

背中にきびあとの治療法には、外科的治療法があります。 皮膚科や美容整形クリニックなど医療機関で用いられるもので、代表的なのはレーザー治療や ケミカルピーリング、フォトフェイシャルなどです。
●レーザー治療は、様々な波長のレーザー光線を治療したい箇所に照射することによってピンポイントで治療する法です。
●ケミカルピーリングは、角質溶解剤で酸性の化学物質を肌に塗り、毛穴周辺の角質層を溶解させることで、 ニキビ原因のひとつである毛穴つまりの解消行う治療法です。
●フォトフェイシャル、IPL(Intense Pulsed Light)という光を肌へ当てメラニン色素の破壊と肌の再生を促進します。 自分にあった治療法を選ばれるとよいかと思います。