すべり症の手術

腰痛改善商品はこちら

整形外科における現在のすべり症の治療方法は「手術しかない」とも言われていますが、あくまでこれは「最終手段」と言われているそうです。 やはり、完治してその後は100%再発しない!という保証があるわけではありませんし、何度も何度も体にメスを入れるというのは体力的にも、精神的にも(それに費用的にも)大きな負担がかかることは間違いありませんからね。 まずすべり症で病院にかかった場合は「症状を軽くするための毎日の過ごし方」を指導されるかと思います。それでもどうしようもないくらいに症状が悪化したという場合に手術をする、と覚えておくと良いでしょう。 その、医師のアドバイスにプラスして、古澤式腰痛改善プログラムなども簡単に実践すると、すべり症による痛みや痺れもある程度落ち着くそうなので、試す価値は十分にあるかと思いますよ。

↓腰痛改善方法はこちら↓


すべり症の名医を探す

どんな病気でも、その分野のエキスパート=名医に手術をお願いしたいですよね。ですが「すべり症」について詳しい人は周りにそうそういませんし、口コミで名医を探すのも大変ですよね。 ただ、こういった腰周りの病気に関しては病院の整形外科以外にも整体院や鍼灸院にも「名医」がいるので見逃せません。地域で評判のそういった鍼灸院などに行ってみて、相談をしてみてもいいかもしれませんね。 そういったところの鍼灸師さんや整体師さんの治療によっては、完治とは行かなくても手術をしなくてもいいような状況にまで症状が好転することも十分ありうるそうなので、色々な人に腰の治療に強い名医がいるか、聞いてみるのもいいと思いますよ。

すべり症の手術の費用

どうしようもなく腰や足が痛み、生活もままならないためにすべり症の手術を考えている方もいると思いますが、やはりそうなってくると気になるのが「費用」ですよね。東京西徳州会病院脊椎センターによりますと、腰椎のすべり症で手術を行う場合は10〜18日間の入院で概算費用は大体53〜56万円するのだそうです(ちなみにこれは3割負担適用後の金額です)。 ここまで金額が高いと自己負担限度額を超えるケースがほとんどなので若干の払い戻しはあると思いますが、やはり10万円を超えると出費としてはかなり痛いですよね。 ですが、すべり症は手術を受けなくても古澤式腰痛改善プログラムなどの体操を利用することで症状を改善することはできますし、こういったプログラムならば手術よりもお金がかからないので、まずこういったものを利用してもいいですね。