洋服の寄付

スポンサードリンク

洋服の寄付は、NPO、NGO、児童福祉施設のボランティア団体を通して寄付できます。 家の中にある不要になって着なくなった服もボランティア団体を通してリサイクルされるのです。 寄付をすることで海外の人などが幸せになることはすばらしいことですよね。

寄付に関する商品などはこちら

不要な洋服を寄付したい

家の中に着なくなってしまった洋服はありませんか? 海外の恵まれない国では、寄付を求めています。 ユニセフやNPO、NGO団体を通して不要になったり着なくなった服などを寄付できるんです。 送られる先は、ネパールやタイ、モンゴルなど様々です。 日本国内だと協会なども候補にあげられます。 洋服をリサイクルとして必要としている人に使ってもらえることはとてもうれしいことです。

洋服の寄付をするのはどんなものを?

送る洋服はただ送ればいいというわけではありません。 特に、着れなくなった服でもぼろぼろであったりチャックがうごかなかったり、ボタンがなかったり そういう服は求められてはいません。 あくまで、着れる服を寄付するのであって不要だといっても着れないものを送っても相手は着ないのです。 送られた相手は寄付されたものを受け取ったときに喜ぶといいます。 洋服で一番喜ばれるのはTシャツです。Tシャツは、良く使う肌着なのでみんな喜んで着ることができます。 あくまで寄付は善意でするものであって、ボランティアの精神です。 相手にそれを送って喜ばれるかどうかを考えて行う必要があるようです。

寄付の仕方

洋服の寄付はNGOなどを通して発展途上国へ送られます。 洋服を、海外の発展途上国などに来るには、送料が必要になります。 もちろん、ボランティアで寄付をするのですから送料の負担が必要です。 送る国やものの重さによって送料は異なりますので確認する必要があります。 送料によっては、高いと感じてしまい、途中でやめてしまわれる方もいます。 あくまで、寄付はボランティアなので、負担ある程度覚悟したほうがいいでしょう。 ただし、寄付をしてもらった人は届けられたものを見たときにすてきな笑顔で喜ぶようです。 相手が喜ぶ姿を想像すると、送料負担は取るにたらないものかもしれません。 人の笑顔が見えるのは素敵です。 寄付で人が喜んでくれることはとても素晴らしいことですね。