腹筋と腰痛の関係

腰痛改善商品はこちら

腹筋運動と腰痛はあまり関係のないようなもののように思えますが実際は違います。 一般に良く知られている腹筋運動は腰を支えにして腹筋を持ち上げるようにするので腰に負担がかかりやすく、その結果少しの回数の運動でも腰を痛めやすくなってしまうのです。 ですが、腰の痛みを防止するのに必要なのは、実は腹筋なんです。腰を支える骨をさらに支えているのはおなかの筋肉なので、この筋肉が弱っていると腰痛を起こしやすくなってしまうのです。 ではどうすれば、と思うかもしれませんが「正しい方法」で運動を行うことで十分に腹筋は鍛えられるんです。その正しい方法のひとつとして今インターネットで評判になっている通販マニュアルが「古澤式腰痛・椎間板ヘルニア改善プログラム」なんですよ。

↓腰痛改善方法はこちら↓


腰痛対策クッションについて

Amazonなどの通販サイトで最近売り出されているのが「寄りかかるだけで腹筋が鍛えられるクッション」です。寄りかかるだけで下腹を中心とした腹筋に負荷がかかるので、腰痛持ちの方や筋力の弱い女の方でも安心して「ながら運動」ができるのは非常に楽ちんでいいかと思います。 ですがこのクッションには「持ち運びできない」「使用回数を重ねると跡がついてきてへたってしまい、効果が落ちてくる」のと「どこでも使えるような形状ではない(オフィスなどでは使いにくい)」という欠点があります。 最近話題の「中川式腰痛治療法プログラム」は、そういったクッションなどは不要でどこでもそういった対策ができると評判です。家の中でも通勤の電車の中でも、いつでもどこでも実践ができますので、日常生活の中で効果的に体のケアをしたいという方にももってこいなんですよ!

男性と腰痛

女性に比べ、男性は「腰痛」に悩まれる方が多いと言います。男性は女性と比較しても腹筋などの筋肉量は多いのですが、それでも腰の痛みが気になる…という方の場合、「背骨や腰の筋肉に負担がかかりやすい姿勢をとることが多い」というのが原因になるようです。 では、どんな姿勢が腰に負担がかかるのか…というと「あぐら」「いすに座る」「前かがみや中腰」などの姿勢を長時間続けることで普通に立っている以上の負担が腰にかかるのだといいます。この負担のかかる姿勢を続けるとヘルニアやぎっくり腰などの病気を起こしやすくなりますので、古澤式の腰痛改善プログラムなども利用して、下腹などの腹筋を鍛えることでうまく腰への負担を減らしたり、病気を予防することも大切なんですよ。