夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ関連商品はこちら

10月2日スタートの日テレ系の連続ドラマ。小栗旬と水川あさみ出演。130万部を超えたベストセラーをたたき出した自己啓発本。ドラマをみることで成功へ近づけるかもしれません。 また、ドラマは初の原作とドラマの主人公が違う為新しい楽しさを得られるでしょう。

夢をかなえるゾウ関連商品(楽天通販)はこちら


夢をかなえるゾウ ストーリー

夢をかなえるゾウのドラマは130万部を突破した、水野敬也ベストセラー小説が原作となっている。 人生を変えようと行動するが全て三日坊主に終わるサラリーマン・野上耕平(小栗旬)と 25歳の誕生日に勤務先の彼氏にフラれ、その上自宅マンションは火事に遭い、とりあえず入居した ボロアパートで涙ながらに「幸せになりたい」と願った星野あすかは(水川あさみ)が、 ある日突然、彼の前に現れたゾウの神様・ガネーシャ(古田新太)からの課題を毎回クリアしていくことで、 “人生の成功”を手に入れるという物語だ。 読売テレビ/日本テレビ系で、2008年秋から放送する。 ガネーシャから出される課題は、「靴をみがく」「募金する」「腹8分目」「先取り」「人を笑わせる」「トイレ掃除」「まっすぐ帰宅」 「自分をほめる」「1日何かをやめる」「決めたことを続ける環境作り」「身なりを整える」「自分の得意なことを人に聞く」「苦手なことを人に聞く」 「夢を楽しく想像する」「運がいいと口に出して言う」「ただでもらう」「明日の準備をする」「身近にいる人を喜ばせる」 「人のいいところをほめてあげる」「人の長所を盗む」「求人情報を見る」「お参りにいく」などなど成功哲学書を噛み砕いて ストーリー形式にしてあるのでとても理解しやすくなることうけあいです。

夢をかなえるゾウ キャスト(出演者)

主人公のサラリーマン・野上耕平-小栗旬/関西弁を話すガネーシャ-古田新太 小栗は役についてこうコメントしています。「共感するところはいっぱいありますよ。人間誰しも自分に甘えたがりだし。 僕自身、何かをするときに『あしたからでいいや』とか思うこともありますし。 ただ、仕事に対して熱意がないっていうのは、信じられないですね」 古田は小栗に対してこうコメントしている「信頼できる若造ですよね。トップシーンに張ってくれて、どっしり構えてくれる若造 だったら、年寄りも非常に楽だし。最近そういう人がそんなにいないんですよ。役者としても信頼できる」 二人はよく飲みに行くようでとても仲がよいようです。ドラマにもそういう雰囲気がでてきて楽しくなりそうですね。

夢をかなえるゾウ 見どころ

ドラマの見どころとしては、2つある。 まずは、超人気俳優の小栗旬のダメサラリーマンと古田新太のガネーシャ神の演じる初回の2時間スペシャル。 今回の夢をかなえるゾウは、初の試みの突如として、原作と違う1話だけは原作通り主役を男性を用い小栗旬の2時間スペシャル。 2話以降は、本にはない水川あさみが幸せをつかむというドラマになる。 これは、就婚という言葉やアラフォー(アラウンド40)と呼ばれる結婚できない世代が増えてきたことで現在にマッチした ドラマを作成しようとしたのではないかと考えられます。 初の試みなので、原作にはない新しさを感じられると思うのでとても期待できます。 また、原作通りの部分で言うと 特に、小栗のダメサラリーマンは本ではキャラつくりがあまり明確になっておらず、変化をつけることができる。 それとガネーシャはもともとがゾウの顔なのだが、おもいっきり人間。。。演技で見せないとただのおっさんになってしまう。 もう一つは、途中で出演する釈迦がだれになるか。富士急ハイランドで3人でジェットコースターに乗る場面があるのだが、 どのような演技になるかが気になるところ。 本がおもしろいだけに、ドラマへの期待は口コミでも広がっており期待が高まる。